種類

種類

困ったときの債務整理

会社の倒産やリストラにより収入を絶たれてしまったことにより、住宅ローンなどの融資の返済ができない場合や、カードローンなどの使い過ぎにより債務が膨れ上がってしまって返済ができなくなったとき、どのように対処してよいか分からないことも多くあります。
悪質な貸金業者になると、こうした債務の返済に困った人に対して返済ができないことが分かっていて、お金を貸して今ある債務の返済に充てるよう誘ってくることがあります。

 

しかし、このような甘い話には裏があり、犯罪に巻き込まれることもありますので、怪しい誘いには絶対に乗らないことと、毅然とした態度で断ることが必要となります。住宅ローンなどの銀行からの融資の場合、会社の倒産やリストラなどの不可抗力により返済ができなくなった場合。
猶予する措置などの手段がある場合がありますので、融資先の銀行に相談してみることが大切です。

 

しかし、返済猶予があっても返済の目処が立たない場合などでは、債務整理を行う必要性が出てきます。
債務整理は、債務の返済ができなくなってしまった人に対して、法的な措置により債務の軽減や帳消しを行うものになります。
お金を借りた債務者とお金を貸した側の債権者とで話し合いの交渉により、利息の軽減や返済期間の見直しや猶予を求める交渉を行うものになります。
他にも裁判所が仲裁にはいる特定調停と自己破産があり、特定調停は任意整理の延長として考え、裁判所の仲裁により利息の軽減などを求めるものになります。自己破産は、債務を帳消しにする代わりに家財などを差し出すものとなります。

 

 

>>トップページに戻る


種類関連ページ

なりやすい人
債務整理になるやすい人について解説しています。
融資の金利について
融資の金利について解説しています。
ホーム RSS購読 サイトマップ