債務整理

債務整理の基礎知識

債務整理とは

会社の倒産やリストラ、取引先の倒産や取引凍結などによって収入が絶たれてしまい、住宅ローンなどの融資の返済に困ってしまうなど、自分の力ではどうにもならないことがあります。
こうした場合に良くあることが、消費者金融からお金を借りてローンの返済に充てるのですが、しかし結果的に借金を増やしてしまうことです。

 

現在では、貸金法などの法律により融資できる額や金利が厳しく規制されていますので、消費者金融も簡単にはお金を貸してくれません。
そうなると、ヤミ金融やウラ金融に手を出して、法律が及ばない世界で法外な高金利でお金を借りてしまうことになってしまいます。
このような事態になる前に弁護士や自治体の専用窓口に相談することが重要になります。

 

弁護士では、返すことが困難となった融資に対して、返済方法を考えたり、代替案を相談する債務整理という手段をとって債務超過に陥った人の救済措置を行っています。
債務整理には、債権者と任意で交渉していく任意生理の方法と、法的な手続きを行ったうえで、債権者と話し合っていく特定調停の方法があります。
しかし、債権者との交渉が難航したり、債務整理の目処が立たない場合は、自己破産ということになります。
債務整理は、自分で処理することもできますが、専門的な法律の知識や経験が必要となるため、費用や報酬も必要になりますが、弁護士や司法書士にまずは相談をして、早く債務整理に取り掛かったほうが得策となります。

 

 

>>トップページに戻る


債務整理の基礎知識記事一覧

種類

会社の倒産やリストラにより収入を絶たれてしまったことにより、住宅ローンなどの融資の返済ができない場合や、カードローンなどの使い過ぎにより債務が膨れ上がってしまって返済ができなくなったとき、どのように対処してよいか分からないことも多くあります。悪質な貸金業者になると、こうした債務の返済に困った人に対し...

≫続きを読む

 

なりやすい人

一般の人の場合、現金で購入が難しいものに対して住宅ローンなどの融資は、便利なものになります。昔の人は、お金を借りることを嫌いますが、融資はうまく使うことで、住宅なく高額なものでも購入ができ、一定の収入があり返済するのに問題がなければ便利のものになります。ただ、近年カードローンなど手軽にお金を借りられ...

≫続きを読む

 

融資の金利について

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りると、金利が設定されており借りた額に応じて利息を付けて返すことになります。通常、融資の金利は預金金利よりも高く設定されており、金融機関は預金者から預かったお金を元に融資者にお金を貸しています。その時、融資金利と預金金利の差額となる利ざやで金融機関は儲けを出...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ