借金 減額

借金は減額ですることがきる!無料シミュレーターや無料相談で借金地獄から抜け出そう

あなたは借金の返済でお困りではないですか?
誰にも相談できないし、調べるとしても難しい用語や専門的なことは分からないですよね。
もし、今ある借金が減額されるとしたらとても助かりますよね。

 

そこで、無料で借金の相談をしてみませんか!!
闇金から借りて取り立てに困っている方や、多重債務で困っているなど、今すぐ借金をなんとかしたいと思っているなら

 

今すぐ相談!!

 

今すぐ取り立てストップ!

 

 

無料減額診断
借金相談カフェは無料で簡単な質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の借金返済額が1分で分かるわかるシミュレーターになっています。
個人再生や自己破産せずに280万円の借金が180万円になったというケースもあります。

 

入力も簡単な項目で匿名でいいのが助かりますね。

 

無料シミュレーターはこちら

 

 

 

アヴァンス法律事務所

 

アヴァンス法律事務所で債務相談を.biz/。
アヴァンス法務事務所は【過払い金】を得意としている法律事務所!!
初期費用、減額報酬0円で依頼する事が可能となっています。
過払い金成功報酬も16%?18%と他の事務所と比較しても安く設定!!
女性の方でも利用しやすいよう、女性専用窓口を設けている事から、女性の利用者も多い TVや雑誌などでも良く宣伝されている事で知名度◎

 

今すぐ相談はこちら

 

 

 

 

ウィズユー司法書士事務所

 

ウィズユー司法書士事務所では最短1日でヤミ金と交渉し、取立てや督促が解決します。
24時間365日無料相談全国対応

 

ウィズユー司法書士事務所

 

 

債務整理とは

会社の倒産やリストラ、取引先の倒産や取引凍結などによって収入が絶たれてしまい、住宅ローンなどの融資の返済に困ってしまうなど、自分の力ではどうにもならないことがあります。

 

こうした場合に良くあることが、消費者金融からお金を借りてローンの返済に充てるのですが、しかし結果的に借金を増やしてしまうことです。
現在では、貸金法などの法律により融資できる額や金利が厳しく規制されていますので、消費者金融も簡単にはお金を貸してくれません。
そうなると、ヤミ金融やウラ金融に手を出して、法律が及ばない世界で法外な高金利でお金を借りてしまうことになってしまいます。

 

このような事態になる前に弁護士や自治体の専用窓口に相談することが重要になります。
弁護士では、返すことが困難となった融資に対して、返済方法を考えたり、代替案を相談する債務整理という手段をとって債務超過に陥った人の救済措置を行っています。

 

債務整理には、債権者と任意で交渉していく任意生理の方法と、法的な手続きを行ったうえで、債権者と話し合っていく特定調停の方法があります。

 

しかし、債権者との交渉が難航したり、債務整理の目処が立たない場合は、自己破産ということになります。
債務整理は、自分で処理することもできますが、専門的な法律の知識や経験が必要となるため、費用や報酬も必要になりますが、弁護士や司法書士にまずは相談をして、早く債務整理に取り掛かったほうが得策となります。

 

債務整理に陥りやすいパターン

会社の倒産やリストラに遭って、やむなく債務整理を行う人は別として、不必要に個人消費を繰り返す人や高額の商品をローンで数多く購入したり、中には競馬や株の投資に失敗してしまう人など、自分のお金の管理に対する甘さから、債務整理に入る人も多くあります。

 

実際、会社の倒産やリストラに遭って債務整理を行う人よりも、自分の過渡に渡る道楽などで債務整理に陥る人の数が上回っているだけでなく、少なくとも1回は債務整理となったことのある人が繰り返し債務整理に陥ることがあるといったように、常習的な人が存在しています。

 

そして、常習的に債務整理を繰り返す人の多くは、カードローンやキャッシングの使いすぎによる多重債務による場合が非常に多いということが分かっています。

 

カードローンやキャッシングは、融資額としては数百万円を限度として少ないものが多いですが、限度額までなら何度でも利用できることと、カードローンやキャッシングのカードが1枚だけでなく、数枚のカードを使ってお金を借りているのです。

 

また、一昔まではカードローンやキャッシングを多様するのは男性の道楽によるものがほとんどでしたが、近年では、女性の利用者による多重債務者による債務整理となる人が急増しています。

 

そして、債務整理に陥る大半が20代や30代の独身女性に集中していることから、生活のためではなく、自分の趣味や美貌のためにお金を使っていることになります。

任意整理とは

債務整理の中で、まだ返済の見通しがある場合には任意整理から取り掛かることが多くあります。任意整理は、お金を貸した側と話し合いにより、利息を減らしてもらえるよう交渉を行うものになります。

 

任意整理は、他の調停整理や自己破産とは違い、法的な措置を施さずに債務者と債権者の双方が話し合い、双方が納得のうえで行うものになります。
ただ、お金を貸した側のほうが立場的に強くなりますので交渉するのも容易いものではありません。

 

また、弁護士など第三者を交えたほうが話がまとまりやすいだけでなく、払いすぎた利息を取り戻すことも可能となります。
裏の世界の貸金業者となると、返済に困った人に対して任意整理を持ちかけることがあります。こうした悪徳業者は、最初からお金を返してもらう気はなく、麻薬などの密売人をさせられたり、娘を売春目的で売られることもあり絶対に話に乗ってはいけませんし、気軽にお金を貸してくれる怪しげな業者から、お金を借りること事態避けなければなりません。

 

実際に、麻薬の密売をさせられ、海外で逮捕され死刑となった実例もあるようです。
名が通った金融機関においても、個人で任意整理に向かうのは、無謀ともいえます。

 

相手は金融のプロフェショナルで、しかも債権に関する事案を今までも扱っているため、相手のペースに乗せられるのが関の山となります。
幾ら通った金融機関でも、交渉には応じる代わりにペナルティを課してくることがありますので、弁護士に依頼することが難しいようなら家族も同伴するなど1人で対応しないようにするほうが無難となります。

特定調停とは

特定調停は、債務者本人が返済の見通しを裁判所へ、債務に対する法的な措置をとる特定調停の申し立てを行うことになります。

 

特定調停は、裁判所が債権者との仲裁に入り法的な措置の手続きを行います。
裁判所では、債務者から状況把握を行うため、債権者と任意調停に臨んだかどうかや、任意調停での記録、債務者の収入や資産など全てを調査しますので、包み隠さず明かす必要があります。

 

また、任意調停での交渉の状況が分かる記録があれば、裁判所が債権者に対して譲歩の余地があるかどうか判断し、万一、任意交渉による話し合いの余地があれば、債権者に対して指導を行います。
裁判所が債務者からの特定調停を受理した場合、債権者は裁判所からの出頭に対して従う必要が出てきます。

 

任意整理の場合、交渉を拒否することができましたが、特定調停では拒否することはできず、債権者としての言い分を裁判所の調停員に対して行うことになります。
特定調停による債務整理は、債権者に対して現時点での債務を減らすことと、3年の期間で無利息にて残りの債務を完済させる条件を出してきます。

 

また、債務者に対しても3年間で債務を完済させるために、資産の売却命令を下すことになります。
特定調停では、裁判所の調停員が債権者と債務者の仲に入って、双方の折り合いを仲裁に入ってもらうことになります。
このため、債務者は弁護士に依頼しなくても裁判所の調停員が相談に乗ってもらえますので、費用面など厳しい人には助かることになります。

自己破産とは

自己破産と聞くと、あまり良い印象はなく人生が終わったかのような捉え方をする人も少なくはありません。

 

しかし、バブル崩壊とリーマンショック以来、会社の倒産やリストラにより職を失うばかりか、収入が絶たれてしまう人の数は後が絶えない状況にあります。
こうした、会社の倒産やリストラに遭った人の多くは、住宅ローンなどの負債を抱えた人も多く、返済が滞り返済する目処すら立たない人も多いのではないでしょうか。

 

こうした経済不安は、会社勤めの人だけでなく、大手企業も安定しているとは言い難く、ましてや資本の少ない中小企業の経営者にとって、取引先の倒産は不渡りとなるだけでなく、自社も資金繰りが悪化によって連鎖倒産にも及ぶことは言うまでもありません。

 

こうした社会不安の中、自己破産に追いやられる人の数も、減ることはなく毎年増え続ける一途を辿っています。
返済の目処が立たず、自己による再建ができないことになった場合、裁判所に自己破産の申し立てを行うことにより、現在抱えている債務の一切を手放すことができます。

 

ただ、債務者は、裁判所により一切の財産に対して差し押さえとなり、生活に必要なもの以外は手を出すことはできなくなります。

 

また、居住地など一部的に社会的な制約を受けることになりますが、これは債務者本人に対して課せられることで家族は社会的な制約を受けることはありません。

 

また、連帯保証人を立てている場合、債権が及ぶ場合がありますので、自己破産する場合は保証人に対して事前に相談しておくことが必要となります。

債務整理の相談に必要なこと

会社の倒産やリストラにより、銀行や消費者金融からお金を借りている人の中には、どこに相談したら良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

銀行からお金を借りているのであれば、銀行の相談窓口で対処などある程度は相談できますが、店舗の少ない消費者金融となると困ってしまいます。こうした状態となると、返済が滞りお金を貸した債権者からの取り立て請求が始まります。

 

債務の取り立ては、最初の間は優しく支払うよう言いますが、延滞が進むにつれて自宅や勤め先まで取り立てに来られると、さすがに精神的なダメージだけでなく、債務者本人や家族も困ってしまうことになります。

 

悪徳貸金業者の中には。仕事を紹介すると言って犯罪に巻き込むケースもありますので、どのような場合でも直ぐに返事は避けて、自治体の相談窓口に相談することをお勧めします。
最近、テレビCMなどで弁護士などの法律事務所が債務整理に関する無料相談を行うものが多く見かけます。
通常、弁護士に法律に関ることを相談する場合、30分で5000円程度の費用が必要とされています。自治体が行う弁護士による無料法律相談は、自治体が弁護士に費用を払って対応してもらっています。

 

では、債務に関することは無料で何度でも相談できるとは、不思議に思う人も少なくはないのではないでしょうか。
弁護士による債務の無料相談では、そのほとんどが貸金法と利息制限法での金利差による過払い分の利息を取り戻すことが主体の相談となっていることが多く、取り立てや返済方法などは有料となることが多くありますので注意が必要となります。

債務整理について

アベノミクス効果によるデフレからの脱却を行うことで、モノの値段を正常化することで企業収益の回復と雇用の確保安定化を図り日本経済の立て直しを断行しています。確かに、一部企業においては、収益の回復が見られるところもありますが、中小企業においてはいまだ見通しが立たない状況下にあります。
昨年においては、過去最低の新規雇用水準となるばかりか、失業者数も前年を超えてしまう最悪の状況となっています。
このため、木々用における倒産も一時期に比べて減少傾向にあるものの、経営基盤の小さい中小企業においては前年の倒産数とほとんど変わっていない結果となっています。

 

会社の倒産やリストラにより職を失う人の数も厚生労働省が把握しているだけでも、前年度比で5%も上回っているため実態はそれ以上の数になります。
会社の倒産やリストラにより、住宅ローンを返せなくなってしまう人の数が後を絶えないため、政府では会社の倒産やリストラにより住宅ローンの返済が滞ってしまった人のために、猶予期間を設ける措置を施行したばかりになります。
住宅ローンについては、猶予が認められましたが、その他の教育ローンやマイカーローン、カードローンなどの一般消費融資については、猶予されないため返済を督促されることになります。
こうした融資の督促を受けても失業していると返すあてもないため、結局、消費者金融などのキャッシングに頼るしか方法がなく、益々債務が増えるばかりの最悪の循環をたどることになります。
こうした債務超過による心労がたたり、うつや自殺に追い込まれる人の数が減るどころか、増え続けている状況なのです。

 

最近、テレビCMで、弁護士などの法律事務所において、債務に関する相談や払いすぎた利息を取り戻すことを謳ったCMを見かけるようになりました。
債務超過により債務の返済の見通しが立たなくなってしまった人に対して、相談を行い、必要であれば弁護士が仲介して債務の整理を手助けすることが多くなっているようです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ